トヨタT&S建設の“ものづくり”の原点であるプレキャストコンクリート工法(PCa工法)。

そこには工業製品化することで可能となる厳格な生産管理により、現場作業では得難い均一で高品質なコンクリート製品の製造を実現し、多くのお客様から評価を受けています。

また製造から施工までの工程における効率的な機能性により、短納期や職人不足など、これからの建設業界が抱える課題に対し、最も適した工法です。

その性能が認められ、震災や水害などの自然災害の復旧・復興にも、当社のPCa製品が多く採用されています。

当社発展の原動力であるPCa工法は、産業の原点である“ものづくり”の精神を大切にし、常に探究心持ち続けることを事業の基盤としてきた、トヨタのDNAの象徴であります。

 

特長1:環境への配慮

現場作業が少ないため、工事中の騒音や産業廃棄物を低減します。また型枠資材に木材ではなく鋼材を用いるため、森林資源の保護も図ることができます。

 

廃棄物の低減

物流エネルギーの低減

CO2の削減

生活環境への配慮

※数値は従来のRC(現場打ち)工法と比べたものです。

  

特長2:安定した製品精度

製造工場ではどのラインにおいても厳重な品質チェックがおこなわれています。また国際規格であるISO9001(品質)、ISO14001(環境)を取得し、製品の信頼性を高めています。

PCaパネルができるまで

1.型枠の組立

2.タイルセット

3.型配筋

4.コンクリート打設

5.仕上げ・養生

6.脱型・検査

7.ストックヤード

  

特長3:工期短縮

工場生産により、現場で組み立てるPCa工法は、基礎工事以後すぐに部材の組み立てがスタートします。独自の接合方法で簡単に組み立てられるので、工期を大幅に短縮できます。2階建てはおよそ2日間で駆体工事が完成します。

※数値は従来のRC(現場打ち)工法と比べたものです。

  

特長4:優れた基本性能

構造

工場生産による”ひびわれしにくい”高品質PCaパネルを現地で組み上げて駆体を構築します。工場で鉄筋、サッシ、配管等が組み込まれます。壁式工法の室内は、RC工法のような柱、梁等の出っ張りがなく、快適で広々とした空間を創りだします。

材料強度

当社が生産するPCaコンクリート強度はFC=21N/mm2。材料は厳しい品質チェックを受けた高品質骨材、もちろん塩分は含みません。生産強度は、在来RCと比較して1.5倍の40N/mm2です。(当社データ比)

 

断熱性

PCaパネル自体の断熱性に加え、発泡ウレタンで建物全体を包み、結露をシャットアウトし、快適な居住空間を創ります。

耐火性

もちろん安心の不燃構造、万が一の近隣からの飛び火も、2時間以上の耐火性能をもつ外壁パネルが防御します。

 

耐振動性

PCaパネルの床は剛性が強く、2階でお子様が遊び回る程度の振動なら、階下には響きません。

遮音性

厚さ150mmのPCaパネルを緊密に構築することで音の透過を遮ります。外の音も上下階の音も気にすることのない快適な住環境をお約束します。

 

防水性

RCに比べPCaは、コンクリート打設時の水の使用量が少なく、乾燥収縮率が小さい、ひび割れしにくい優れた特性があります。接合部に防水工事を施すだけで万全です。

耐震性

PCa工法は、頑丈な基礎の上にPCaパネルを優れたジョイント工法で組み立てる壁式構造。そのため、建物に剛体としての強度が与えられ、木造などの柔構造と比較して地震による被害が少ないというデータが実証されています。耐震性の高さは、過去の大地震で当社のPCa壁式工法による建物の倒壊が一件もないことからも実証されています。

耐久性

住宅の法定耐用年数は下図のとおりです。同じ鉄筋コンクリートであるRCと比較して、ひびわれの原因となる中性化速度が遅く格段に優れています。

 

財務省令に基づく法定耐用年数(住宅)

 
 

  

特長5:15cm単位の自由設計

PCaパネルの型枠が15㎝~50㎝単位で構成されているからできる技術。規格=画一的では、お客様のご満足は得られません。PCa工法は、コストパフォーマンスとともに、自由度の高さをも実現しました。間口15cm、奥行き30cm単位で可変できます。敷地対応はもちろん、室内のゆとり空間を演出します。

※プラン、シリーズによっては50㎝単位となります。

 

PCa工法の歴史

PCa工法 半世紀の歩み
昭和21年、業界に先駆けて不燃住宅の研究を推進。幾多の実験と改良を重ね、建築学会や協会より高い評価を得て、受注を拡大。組立鉄筋コンクリート住宅の先駆者として、常に時代をリードしてきました。
 

昭和21年 東工大教授の田辺平学氏、後藤一雄氏の指導のもと、組立鋼筋コンクリート構造(プレコン造)の研究開始。トヨタ自動車工業(株)施設部プレコン工場として発足
昭和25年 トヨタ自動車工業(株)より分離し、「ユタカプレコン(株)」設立
昭和26年 プレコン構造が認められ、日本国有鉄道、学校建築を多数受注
昭和32年 東工大教授の加藤六美氏のもと、壁式PCa造を研究開発し、トヨライトハウスA型として発売
昭和34年 PSコンクリート橋桁・矢板(プリテンション)の製造を開始
昭和35年 遠心力鉄筋コンクリート管、遠心力鉄筋コンクリート基礎クイの製造を開始
昭和40年 「ドライジョイント工法」による標準設計について、社団法人日本不燃建築協会の認定を受け、
大型パネルの研究を開始
昭和41年 「PCa造4階建住宅」について財団法人日本建築センターの構造認定
昭和45年 PCa造高層建築において財団法人日本建築センターの構造認定
昭和48年 「豊田式ボックスラーメン型PCa造ユニット工法KC型」の開発、製造開始
昭和57年 PCa造高層建築の社宅、独身寮を多数建設
昭和59年 トヨタホームのコンクリートシリーズとして販売開始
平成6年 フリープラン可能なPCa造ピコムの販売開始
平成15年 カラーコンクリートの開発・実用化
平成17年 PCaと鉄骨のハイブリッド化によるシンプルモダン住宅ラビオスの販売開始

 

営繕へ