新型コロナウィルス特措法に基づく緊急事態宣言への対応について

 

2020年4月10日 トヨタT&S建設株式会社

トヨタT&S建設では、4月7日に新型コロナウィルス特措法に基づく緊急事態宣言が発出されたことを受けて、4月8日から5月6日までの間、新型コロナウィルス感染症の拡大防止への協力、及び協力会社を含めた当社関係者の健康、生命及び生活の安全を守る観点から、以下の通り対応を実施します。

 

・事務所業務は、事業継続、現場運営上必須となる業務以外は縮小又は中断することで、交代勤務とし出社人員を抑制する。また併せて、フレックスによる時差出勤や、可能な限り一般公共機関での移動を避けて車通勤とすることで人と人との接触機会を減らす。

※テレワークについては、環境整備ができた部署から順次実施。

 

・建設、営繕工事、PC工場については、原則として継続する。

施工、製造にあたっては、出勤前に職員、作業者の検温などこれまで以上に体調管理を行うとともに、朝礼、休憩の分散などにより現場内の3密(密閉、密集、密接)を回避するなど感染防止を徹底する。

 

なお、上記以外にもWeb会議等の活用や会議自体の中止による外出機会の削減や、宣言対象地域へ又は宣言対象地域からの原則出張禁止など感染拡大防止に努めてまいります。

 

以上